外装の傷やへこみを確認しよう

ダンプカー

良い状態の中古ダンプを購入したいのであれば、外装に傷やへこみがないかしっかりと確認することが大切です。傷やへこみがある場合、サビの原因となってしまう場合もあります。特に事故で傷やへこみができた場合、サビやすいことに加えて、ほかにも故障する部分が出てくる可能性があるので、しっかりと確認しておく必要があります。もしも気になる傷やへこみがあった場合には、販売業者に説明を求めるようにしましょう。説明で不明瞭な部分があった場合、別の車種にするか購入業者の変更を考えるのも1つの手です。見えにくい部分に傷やへこみが隠れていることもあるので、ぱっと見の印象だけで決めずに、全体的にしっかりと観察したうえで購入するか検討することを忘れてはいけません。

車検や点検整備について確認すること

ダンプカー

中古ダンプの購入で忘れてはいけないチェックポイントの1つが、車検や点検整備の有無です。仕事で使う車両になるので、安全に乗車できるのは特に重視しなければいけないポイントです。安全性を重視するうえで、車検や点検整備などのメンテナンスがしっかりと行われているかどうかはチェックが必要な点になります。フロントガラスのステッカーから車検や点検整備に関する情報が集められるので、忘れずに確認するようにしましょう。またフロントガラスのシールだけではなく、中古ダンプの資料からメンテナンスの状態を確認することも必要です。もしもメンテナンスで気になることがあった場合には、販売業者に確認することが大切です。

長方形バナー2

正方形バナー1

長方形バナー1

長方形バナー3